温海町森林組合

温海町森林組合

山形県鶴岡市 温海町森林組合

HOME 組合の紹介 各事業の紹介 庄内あつみ杉 ニュース・お知らせ 交通・お問合わせ
ページメニュー

各事業の紹介 【森林整備部門】


組合の紹介
温海町森林組合の概要
代表理事のあいさつ
経営理念
組織図
沿革
各事業の紹介
指導部門
販売部門
加工部門
森林整備部門
庄内あつみ杉
あつみ杉の森
こんな製品を作っています
ニュース・お知らせ
お問合わせ
交通のご案内(アクセス)
お問合わせ

庄内あつみ杉


HOME各事業の紹介 > 森林整備部門





森林整備部門

  あつみ杉の森を守り、育てる 【森林整備部門】



森林整備部門は、組合員からの委託事業に取組むとともに、森林吸収源対策の一層の推進に向けた国有林や保安林等の特定森林の整備を行っております。
また近年は、山形県の「やまがた緑環境税」による荒廃森林整備事業なども、精力的に実施しております。

その他にも、市の支援策や補助事業を導入した建設業との連携による基幹作業道などの開設、さらに森林の境界明確化など、新たな事業を先進的に取り入れて、組合員の林業経営を補完する事業を積極的に取り入れる活動をしております。






 森林整備部門では、このような作業を行っております。
植え付け作業
▲ 植え付け作業
急斜面での下刈作業
▲ 急斜面での下刈作業
下刈作業
▲ 下刈作業
病害虫防除作業
▲ 病害虫防除作業
整備された森林
▲ 整備された森林
手入れされたあつみ杉の森
▲ 手入れされたあつみ杉の森
作業路の開設
▲ 作業路の開設【1】
作業路の開設
▲ 作業路の開設【2】
間伐前
▲ 間伐前
間伐後
▲ 間伐後

【森林境界明確化事業】
普段なにげなく見ている私達の身近な山林は、今、危機に瀕しています。

長期にわたる材価の低迷と、山林所有者の高齢化や、不在地主の増加等により、山林の境界がわからない所有者が増えています。
今後この状況が進行すると伐採時期になっても境界が不明で伐採できない、間伐等の手入れをしてほしいが境界がわからない等、林業活動ができなくなることが懸念されます。

そこで、国では森林の整備と境界保全を目的に「森林境界明確化促進事業」を立ち上げました。
平成21年度に県内では唯一温海地区が選定を受け、地区内でも人工林率の高い山五十川地区内で実施されました。

この事業は地籍調査とは違い登記には反映されませんが、森林境界が整備され、明確化が進められることが期待されます。


森林境界明確化の取組み

森林境界明確化の取組み クリックすると拡大ページが別窓で開きます
▲クリックすると拡大画面が別ページで開きます


〔内容〕
事前調査、現地調査
間伐の実施に向けた成果の整理(図面作成)


〔調査方法〕
GPS受信機及びデジタル方位距離計測量による調査


この調査結果を基に、作業路整備、間伐作業と進めていきます。





※ご質問、ご意見などは温海町森林組合「森林整備部門」まで、お願いいたします。






温海町森林組合
〒999−7123 山形県鶴岡市大岩川字木揚場8番地
電話 (0235)43−2313  ファックス (0235)43−2317
メール info@shinrin-atsumi.or.jp
庄内あつみ杉
Copyright(C) 温海町森林組合 2010 All Rights Reserved.